若白髪の5つの原因と抑えておきたい改善策

MENU

若白髪の5つの原因と本質的な6つの解決方法

白髪は一般に男性・女性ともに35歳前後から

生え始めます。
そして50代にもなると半数の人が白髪を気にするように
なります。

 

若白髪はこれらに当てはまらない世代。
つまり、10代、20代の方に生える白髪のことです。

 

ではなぜ、若白髪は生えるのでしょうか?

 

若白髪の5つの原因と本質的な6つの解決方法
若白髪の原因は、ほぼ5つの可能性が考えられます。
1.遺伝 2.ストレス 3.病気 4.睡眠不足 5.ダイエット。
これらのことが若白髪の直接的な原因です。

 

そして若白髪を解決するには生活習慣を根本的に変えるか、
あるいはヘアカラーなどで髪を染めるか。
ということになります。

生活習慣等根本的な白髪の改善策

若白髪の原因は遺伝、ストレス、、睡眠不足、ダイエット、病気などが原因です。

 

1,遺伝

特に遺伝が若白髪の中でも一番多い原因と

考えられています。

 

お父さん、お母さんのどちらかに白髪が多い方は
いませんか?
もしくはご両親ともに白髪の多い方は
いらっしゃらないでしょうか?
また若いときから白髪があったのかお聞きになっても
いいと思います。

 

2,ストレス

家庭、学校、会社、友人関係など

様々な問題を抱える現代。
ストレスがない方が可笑しいですよね。

 

ストレスが髪の毛に与える影響は健康な髪の毛が
育たなくなる点が挙げられます。
その原因は頭皮の血行が悪くなるからです。

 

ストレスは自律神経にも影響を与え、
毛根などに悪影響を与え、メラノサイトに
ダメージを与えると同時に色素が定着しないまま
白髪が生えたり、黒い髪の毛根から白髪に
変化していくということになります。

 

3,睡眠不足

睡眠不足による髪の毛に与える影響は

血行や新陳代謝の低減、また成長ホルモンの
分泌を損ないます。

 

結果体全体のバランスを崩し、
髪の毛に負担をかけ白髪の原因にもなります。

 

 

4,ダイエット

身体に適切な栄養を与えてあげないと
身体全体に不調をきたすのは想像に難くないと思います。

 

バランスの良い食事・食生活を怠ると、

チロシナーゼが機能しません。

 

このチロシナーゼは髪の毛の色を生成する
メラニン色素を生成するときに必要な酵素です。

 

過度なダイエットは身体のミネラルを不足させ、
「チロシナーゼ」に含まれる銅を欠如させ、
結果、白髪を増やしてしまいます。

 

黒髪の生成を促進させるメラノサイトの機能を
適切に働かせるためにも、バランスのよい食事を
心がけましょう。

 

5,病気

若白髪の原因は甲状腺疾患、悪性貧血、

尋常性白斑(じんじょうせいはくはん) 、
フォークト・小柳・原田病、胃腸、腎臓、肝臓、
円形脱毛症など様々です。

 

遺伝、ストレス、睡眠不足、ダイエットなどに
心あたりがない場合は上記の可能性もあるので
専門家の診察を受けられるのも良いと思います。

 

6、ヘアカラーで白髪を染める

遺伝は残念ながら白髪が黒髪に戻ることはありません。

ストレス、、睡眠不足、ダイエット、病気に十分気をつけて
生活を見直してみましょう。

 

それでも白髪の改善が見込めない場合は、
白髪染めを試してみて下さい。

 

お財布が許すなら美容院で染めてもらうのもいいですよ。
またご自分で染める場合も最近はいろんなタイプの白髪染めが
発売されています。

 

アレルギーに気を使った白髪染めや、時短に特化したもの、
またツヤ重視のものや天然素材にこだわったもの。

 

様々なタイプの白髪染めがあるので自分にあったものを
選んで見て下さいネ。